脚先の動きや姿勢の美しい舞踊として有名で世界中で愛好者がいます。最近では若者から紳士・淑女まで、幅広い年齢の方がアルゼンチンタンゴを習っていますが、タンゴとは具体的にどのようなものか、ご紹介します。

アルゼンチンタンゴ とは、どうやって生まれたの?

アルゼンチンタンゴ の始まりは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの港町ボカ地区で生まれたと言われています。今から約140年前のことです。
貿易で繁栄していたブエノスアイレスは、ヨーロッパからの移民、アフリカから連れてこられた黒人など、ある統計によれば外国人が7割以上を占める国際都市だったようです。

急激な移民の増加は、街をカオスの中に叩き込みます。アルゼンチンタンゴは、そのカオスの中心、ブエノスアイレスの貧民街の売春宿やいかがわしい酒場で生まれ発展していきました。

踊りには様々な文化のリズムやメロディーが組み合わさって演奏されるようになります。外国で暮らすストレス、故郷への郷愁を背景に、失恋や死別など、人生の喜怒哀楽が独特の物哀しさを持った音楽へと結実します。アルゼンチンタンゴの持つ叙情的な音楽と踊り、その魂=コラソンの震えは、今でも多くの人の心を魅了しています。

 

アルゼンチンタンゴというと、風俗の客引きの男同士で踊っていたという話や、娼婦同士が、仕事の合間の気晴らしに踊っていた、男同士すぐにナイフで殺しあった等という話が有名です。タンゴには確かにそうした、いかがわしい側面もあります。ところが20世紀初頭に、そんな怪しい踊りがパリで紹介され人気に火が付き、ヨーロッパで大流行します。するとブエノスアイレスでも中流階級にもタンゴが広まるようになり、いかがわしい側面が殺菌消毒され、マナーが確立していきました。今では、そんないかがわしさは、音楽の歌詞や雰囲気やステップの中に面影を残してはいますが、一般の人でも安心して楽しめる上品なものに変わっているので、ご心配なさらずに。

アルゼンチンタンゴ とは、どんな踊りなのでしょうか?

よく社交ダンスの中のタンゴと混同されやすいのですが、実際は異なります。アルゼンチンで生まれたタンゴという踊りは、その後にヨーロッパへと渡ります。そこで、ヨーロッパにもともとあった上流階級の踊りに合うようにアレンジされたものが、いわゆる社交ダンスの中のタンゴ、コンチネンタルタンゴです。それに対し、アルゼンチンで愛され続けた踊りを、アルゼンチンタンゴと呼んでいます。

 

アルゼンチンタンゴと呼ばれる踊りには、大きく分けて2種類あり、ひとつはステージタンゴ、ショータンゴと呼ばれる、人にみせるための踊りであり、これはかなりアクロバティックで複雑で早いダンスです。もう1つはサロンタンゴと呼ばれ、タンゴのパーティで踊られる、もっと静かな踊りです。ショータンゴでは、基本的に振り付けが決まっていますが、サロンタンゴは純粋な即興です。事前に決められた振り付けで踊ることはなく、男性がリードをし、女性がそれをフォローしていきます。とお伝えすると、難しいと思われる方もいるかもしれませんが、リードとフォローの仕組みを理解できれば、自由に踊れる奥深いものです。

サロンタンゴには失敗はなく、2人で会話を楽しむように踊ることが出来れば、他のダンスでは味わうことができない魅力が生まれます。その面白さを知れば知るほど、タンゴに魅せられるはずです。リードとフォローが分かれば、世界中の方と踊りを楽しむこともできますよ!

 

執筆:隆美(Takami )
月曜入門クラス・プライベートを担当しています。

https://www.est-inspi.com/インストラクター/

ミロンガって何?

アルゼンチンタンゴ は20世紀初頭に、パリで人気に火がつき、今では世界中の人々が愛好者です。

ミロンガとは、アルゼンチンタンゴ (サロンタンゴ)のダンスパーティーが開催されている場所のことです。日本国内でも、ダンススタジオやバー、公民館でも開催されています。海外旅行に行く際は、靴と衣装を必ず持って行く!なんて人も、いるほどです。

語学に堪能である必要はありません。アルゼンチンタンゴのリード、フォローのシステムがわかれば、世界中のどこでも、すぐに打ちとけ合い友達を作ることもできます。これが言葉を介さないコミュニケーションシステムとしてアルゼンチンタンゴが優れている理由です。言葉でする表層的なコミュニケーションなどではなく、音楽と感覚を通じて共感すること。これがアルゼンチンタンゴの魅力です。

ミロンガでは踊ることも楽しみのひとつですが、もとろん、ワインを片手に仲間と会話を楽しむことも魅力のひとつです。


ミロンガのマナーについて

マナーと言っても難しいことではありません。それは社会のルールと同様に、皆さんも身につけられていることだと思います。ここではタンゴを愛する皆さまとミロンガを更に楽しい時間と空間にしていきたいという想いから、マナーについて記載したいと思います。

服装について

ちょっとだけお洒落をしましょう。なによりも大切なことは清潔感です。

Tシャツやジーンズで踊られている方を見かけることもありますが、ミロンガはあくまで社交の場です。レッスンやプラクティカで着るものとは当然異なると思います。

また、女性の多くはドレスで、裾が長く足で踏みそうなものは避けた方が良いでしょう。

男女問わずオシャレはパーティーを楽しむ、とても大切な要素で、それらを皆さまと共有できた時間は華やかで優雅な時間になるでしょう。お一人お一人が、ミロンガを華やかにする主役です。

匂いについて

 

匂いについても注意をしましょう。頭の汗の匂い、腋の匂い、口臭等様々あります。時々、親しい友人や家族に確認することも良いかも知れません。

香水の付けすぎにも注意しましょう。

踊り方

ミロンガで踊る際は、全員がフロアを反時計回り(左回り)に進んでいきます。また、前で踊っている方を追い越したり、一箇所に止まり続けたり、流れを妨げないようにしましょう。その為、男性は、状況に応じたステップを選んだり、それを女性にリードで伝えなければいけません。

前に人と衝突しそうな場合は、円の中心に緊急避難をしても構いませんが、出来るだけ早く元の位置に戻りましょう。全員がこのことを守れば、混んだミロンガでも楽しく踊ることが出来るでしょう。また、混んだミロンガでは、後退のステップを使用することは避けた方がよいでしょう。

もし他のペアとぶつかった場合は、必ず挨拶をする習慣を身につけましょう。また、混んでいる場合は、ガンチョ、サカーダ、ボレオなど他の方の迷惑になるステップも避けた方が無難です。

ミロンガは練習の場所ではありませんので、相手に教えたり、リードがわからないなど注意してはいけません。何事もこころの余裕を大切にしましょう。

お互いに優しい気持ちで踊りましょう。

初心者の方へ

誰しも最初は初心者です。恥ずかしがることは決してありません。勇気を出して、ぜひミロンガへ参加してください。

男性の場合は、知っているステップを全て使おうとせず、曲に合わせてフォロワーと一緒に歩くだけでも良いですから、1曲を大切に踊り続けましょう。

初心者の女性は、誘われたら、「初心者ですがよろしくお願いします。」と、踊る前に伝えるといいでしょう。上手な男性なら、基本的なステップで優しくリードしてくれるでしょう。

 

 

誘い方

インスピの講師、窪田央が男性陣にエレガントでちょっと小粋な誘い方を教えます。「え!女性の私も知りたい!」って(笑)

なにはともあれ、皆様とアルゼンチンタンゴを通して、有意義な時間を楽しみましょう。お酒を片手に!