Argentine tango 【 Studio Inspiracion 】


世界中の人々に愛されるタンゴ。その魅力を感じるひととき。

はじめまして。スタジオ・インスピラシオン代表の窪田 央です。

タンゴは19世紀の終わり頃にアルゼンチンで生まれたと言われています。

日本でも古くから親しまれてきました。 ブームになったこともあるようです。音楽に比べ、ダンスが日本に入ってきたのは遅く、現在日本で活躍されているダンサー、教師が踊り始めたのも10~20年前くらいです。 しかし、その後の広まりは早く、現在東京では、『ミロンガ』というアルゼンチンタンゴのダンスパーティーが毎日開かれています。

 

日本のみならず、アジア、ヨーロッパ、アメリカ等、世界中で踊られているタンゴは、2009年にはユネスコ世界無形文化遺産に登録されました。 また、タンゴダンスは男女が組んで踊るペアダンス、そして歩くことが基本になっている特徴から、健康や美容の分野のみならず、タンゴセラピーとして医療の現場でも注目されています。

 

世界中の老若男女から愛されているタンゴですが、メディアに出る機会の少なさ等から、ご存じない方も多いダンスかもしれません。 しかしタンゴは、

 

●男女が組んで即興で踊るため、言語を介さない、相手を感じるという

  身体的コミュニケーションを楽しむ。

●基本が歩くことなので、体力に自信がなくても踊れる。

●リズム(拍子)を取りつづけ、ステップを強制的に踏み続けるのではなく、

  クラシカルで心の琴線に触れる音楽に浸り、感じたままに踊る。

 

以上のような、個性的魅力に溢れています。 美しく、穏やかな非日常的世界でありながら、特別な人のものでなく、世界中の人々に愛される理由はこういったところにあるのかもしれません。

 

スタジオ・インスピラシオンは、ダンス未経験の方や、タンゴが初めての方に、タンゴの魅力を感じていただくことを目的にオープンしました。 少しでも興味を持っていただけたなら、ぜひ遊びにいらしてください。